HOME>オススメ情報>着用する衣裳によっても違いますが、平均的な相場は35万円前後です
神前式

神社に初穂料を手渡す必要があります

厳かで落ち着いた雰囲気の中で、永遠の愛を誓いたい人が増えているため、伝統的な神前挙式をしたいカップルが増えています。どれぐらいの費用が必要なのか知っておきたい人が増えています。着用する衣裳の種類によっても、多少は料金が違ってきますが、平均的な相場は34万円から、35万円前後になっています。教会式に比べると費用を抑えることが出来ます。神前式は神社に謝礼を渡す必要があるので、初穂料が10万円から、15万円ぐらいが必要です。利用する神社によっても多少は違ってくるので、事前に確認をしておくと安心です。男女共に和装の衣裳を着用します。男性の場合は5紋付の羽織袴を着用します。女性の場合は上品で清楚な印象の白無垢や、豪華で華やかな印象の色打掛などを着用します。衣裳のレンタル料は、白無垢に比べると色打掛のほうが高めになります。

和装の衣裳のレンタル料を知っておきたい

神前式を行う時は、新郎新婦の和装の衣裳は基本的にレンタルを利用することが多いです。男性の場合は5万円から、10万円前後、女性の場合は白無垢は10万円から、15万円前後になっており、色打掛の場合は15万円から、20万円前後です。角隠しや綿帽子などは、別途で料金が必要になることが多いです。洋装の時とは違うメイクをしなければなりません。ヘアメイク着付けなどの費用も必要です。着用する衣裳の種類によっては、料金が高くなることもあります。結婚式は一生に一回の大切なセレモニーなので、自分の気に入った衣裳を選ぶことが大事です。地元で評価の高い結婚式場では、豊富なデザインや柄の衣裳が揃っているので、安心して利用出来ます。神前式を計画している人は、事前に大体の相場を知っておくと安心できます。